2020 秋アニメ 一覧&評価【随時更新】

スポンサーリンク

どうもこんにちは、みみみ(@mimimi9607)です。

『2020 秋アニメ』は質の高い新作アニメが多く、豊作クールと呼ぶにふさわしい大満足なクールとなっていました。
それでは簡易評価と共に作品をまとめた一覧をどうぞ!
2021年01月16日 更新

2020 秋アニメ 視聴一覧・評価

(五十音順)

  • アサルトリリィ BOUQUET
    4.0(全12話)

    美少女たちが百合百合しながら人類の敵と戦うバトルアニメ。キャラが多すぎるという問題はあれど、武器描写や戦闘作画が凄くいい出来で楽しめました。百合としても楽しめるのに物語はシリアス、面白かったです。
  • 安達としまむら
    4.0(全12話)

    とても尊い、いい百合でした、、、。途中から登場する宇宙人(?)の女の子は本編と全く関係ないので必要だったか??というのが気になったくらいで、安達としまむらの物語としては大満足です。
  • いわかける!- Sport Climbing Girls –
    3.0(全12話)

    物凄く綺麗にまとまっていた王道良作スポーツアニメ。クライミングという特殊な題材ではあるけど誰にでも薦められる確かな面白さをもった作品でした。
  • おちこぼれフルーツタルト
    4.0(全12話)

    変態チックなネタが盛り沢山なアイドルアニメ。キャラの個性が強い上に物語のテンポが良く、どの話も観ていて楽しかったです。ネタの癖が強いので人は選ぶかもですが大変楽しませてもらいました。
  • 神様になった日
    2.0(全12話)

    とにかく尺不足。終わり方自体は好きなんだけど、そこまでの展開が強引なせいで視聴者が登場人物の気持ちを理解しきれないまま締めに入ってしまっていて勿体ない。
  • 神達に拾われた男
    2.0(全12話)

    特別面白いというわけではなかったけど、一定の面白さを維持したまま進み続けてそのまま駆け抜けてくれた人の温かみを感じられる作品。のんびりとした異世界転生作品だからこれで良いのかなと。
  • キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦
    3.0 (全12話)

    ベッタベタな展開が続く古き良き厨ニバトル物。シンプルに面白いのですが2期前提の終わり方に注意。ただ、ボス戦が全体的にかなりあっさりしていたのは残念。また、物語のピークがラストではなく中盤だったと思えたので最終話を観終わった時の満足感が薄かったかなと。
  • くまクマ熊ベアー
    3.0(全12話)

    安心して楽しめた異世界無双+ゆるゆるコメディ作品。全体を通して一切不満がなく綺麗にまとまったアニメでした。だれにでもオススメしたい作品。既に2期が確定とのことですから楽しみです。
  • 呪術廻戦
    5.0(1クール目全13話)

    原作読済。序盤からかなり容赦ない展開が多い本作ですが、一切マイルドにすること無く完璧に描いてくれていて素晴らしい。絶妙な怖さ・不気味さが視聴者に伝わってくる作画はさすがMAPPA。2クール目に向け、続きが気になる引き方も完璧。
  • ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN
    4.0(全12話)

    最終決戦ベルリン奪還作戦、本当に面白かった…!映画レベルに気合の入った最高の作画、各ウィッチにスポットを当てつつ最終決戦に3話も使った贅沢構成な脚本の素晴らしさ、全てにおいて文句なしの出来でした。過去作が好きなら絶対に観て欲しい。
  • 戦翼のシグルドリーヴァ
    2.0(全12話)

    戦闘機✕美少女✕ファンタジーという要素モリモリ作品。序盤の頃は大好きな作品になりそうだと期待していたのですが、終盤に近付くにつれ段々と雲行きが怪しくなり、最終話が本当に残念。もう少し丁寧に描写できる余裕があればな…と、勿体なさを感じます。
  • 体操ザムライ
    4.0(全11話)

    体操を題材にした家族物感動ドラマアニメ。最終話だけで言うなら☆5どころか☆6をあげたいくらい最終話がマジで最高でした。ただ全体で見ると後半に面白くなってくる形だったかなぁというのが残念。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ
    4.0(全12話)

    これでTVアニメ4作目となるダンまち作品。熱くワクワクさせられて泣かされて、本当に面白かったです。異端者編がシリーズで1番好きな物語になりました、大満足。続編が待ち遠しい。
  • D4DJ First Mix
    3.5 (11話時点)更新

    最初のぶっ飛んだノリが減ってきて観やすくなりましたが、好みによっては面白みが減ったと思う人もいるかも?よく動き表情も可愛い3DCGは見事なもので、ノリさえ合えば素直に面白い。クラブミュージック好きなのもあり、個人的にかなり好き。
  • 魔王城でおやすみ
    4.0(全12話)

    素晴らしい出来のゆるゆるギャグアニメ。多くのキャラが登場しますが、どのキャラも特徴がハッキリしていて魅力的で非常に良かったです。癖のあるギャグとかではないので、万人にオススメできる作品。
  • 魔女の旅々
    4.0(全12話)

    ミステリーであったりギャグであったり、話によって色をコロコロと変える不思議な作品。誰にでもおすすめできるかと聞かれると一部めちゃくちゃ重い話があるので難しいですが、総じて質の高い作品でした。実質続編決定しているような終わり方でしたので続編を楽しみに待っています。
  • 魔法科高校の劣等生 来訪者編(劣等生 第2期)
    3.0(全13話)

    いつもどおりの面白さ、といったところ。過去作を楽しめていたのなら間違いなく観るべき作品。ただ、これまでの物語には少々劣るかなと個人的には思いました。次回から新学期編、という所で終了したので続編はまず間違いなく来るでしょう。
  • 無能なナナ
    4.0(全13話)

    最初から最後まで想像通りの物語に一度もならなかったトンデモ作品。最終話が最高の回なのは確かですが、物語的には超中途半端な所で2期が無かったら大ブーイングもの。時間がかかっても構わないので本当にお願いします。
  • 憂国のモリアーティ
    4.0(1クール目 全12話)

    分割2クール目は2021春アニメ。ミステリー物として良質で楽しめました。ホームズが来てからどんどん面白くなってきてるな、ってところで分割は中々にツラい…。早く続きが見たいです。
  • ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    4.0(全12話)

    全員にスポットを当てつつ、終盤は本作の主人公として登場していた侑のための物語。理想的な構成。全体的に丁寧な脚本、ネタを仕込みまくっている細かい描写など素晴らしい点が多かった。もし2期があるならめっちゃ期待して待ってます。
視聴次第、随時作品は追記します

他クールだったら覇権級の作品が
ゴロゴロいる秋アニメの豊作具合よ、、、

期待値の高い作品が多かった2020 秋アニメでしたが、最終的には全体的に評価が高く大満足なクールとなりました。
本当に毎日楽しく過ごさせてもらいました…!

Comment

タイトルとURLをコピーしました